当ブログ『精神と金の部屋』は、仮想通貨【Symbol・XYM】を推しています。

Binanceのおすすめ入金方法【リップルの送金手順を解説】

  • 損をせずBinance入金する方法を知りたい
  • 手数料の安いリップル送金手順を知りたい
  • その手順を、画像付きで丁寧に教えて欲しい

実は、ネット上で見かける『コインチェックからBinanceにビットコインを送金する方法』は、手数料が高く損します。

なぜなら、Binanceに限らず海外取引所への入金は、リップル(XRP)を送金すると最も手数料を安くできるから。

とは言え、『XRPでの送金方法なんて、やったこと無いし分からないよ』と感じる初心者もいると思います。

過去の私も上記を知らずに、手数料でムチャクチャ損し続けていました。プロフィールは下記のとおり。

この記事では、例として国内取引所のbitFlyerでXRPを購入し、Binanceへ送金する手順を、多くの画像を付けて丁寧に解説。

お読みいただくと、昔の私みたいな損を避け、手数料の安いBinance入金を安全でスムーズに行えるようになります。

ぜひ最後までご覧いただき、マニュアルとしてお使いくださいませ。
(※記事で使用している『仮想通貨』とは【暗号資産】のことを指します)

おすすめのBinance入金方法【リップルを送金】

おすすめのBinance入金方法【リップルを送金】

Binanceに限らず海外取引所は、日本円を入金することができません。また、クレジットカード入金は手数料が高くて損です。

そこで国内取引所で購入した仮想通貨を送金するわけですが、結論、通貨はリップル(XRP)がおすすめ。なぜなら、圧倒的に手数料が安いからです。

昔の私は、Coincheckからビットコイン(BTC)をBinanceに送金する方法しか知らず、むちゃくちゃ損し続けてました。

一回当たりの手数料の違いは、次のような感じです。

  • CoincheckからBTC送金
    0.0005BTC=約2,000円
  • bitFlyerからXRP送金
    無料=0円

あなたには、過去の私と同じ失敗をせず、本記事の手順のとおりXRPで送金いただければと思います。

販売所ではなく取引所でXRPを調達【念のため確認】

続いて、どの国内取引所でXRPを調達してBinanceに送金するか?です。
こちらは販売所ではなく、取引所でXRPを購入できるところを選びましょう。

とは言え、『イヤイヤしおかわさん。販売所と言われてもピンと来ないんだよ』と思う方もいるかもです。初心者時代の私もそうでした。

なので、注意点として下記のとおり解説しておきます。

販売所とは?【注意】
簡単に言うと 日本にのみ存在する『スプレッド(手数料)ぼったくりシステム』のこと。なので、販売所で仮想通貨を買うとシンプルに損をします。
販売所については、以下の記事で詳しく解説しました。
【真実】仮想通貨の取引所と販売所の違い【断言:販売所は損】

上記を満たしていれば、ぶっちゃけどこでもOKです。あなたが既にお使いの国内取引所があるなら、そこでXRP調達しましょう。

なお本記事では、XRPの送金手数料が無料であるbitFlyerを例に、Binanceへの送金手順を解説します。

bitFlyerからBinanceへのXRP送金【5つの手順】

ここからが本題。手順は下記の5つです。

  1. bitFlyerに日本円を銀行振込入金
  2. bitFlyer LightningでXRPを購入
  3. BinanceでXRP入金情報をコピー
  4. 上記を使ってbitFlyerから送金
  5. BinanceでXRPをUSDTに変える

ひとつずつ丁寧に、画像付きで解説していきます。

bitFlyerに日本円を銀行振込入金

以下のとおりです。

まずは、bitFlyerにログイン

まずは、bitFlyerにログイン

bitFlyerの無料口座開設が未済の方は、以下から行ってください。

bitFlyer公式サイト
https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyerの無料口座開設の手順は、以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事

bitFlyerの口座開設ってメンドくさいのかな?併せて本人確認や入金、取引手順も知りたいその手順を、画像付きで丁寧に教えて欲しい[…]

bitFlyerの口座開設手順

左サイドエリアの『入出金』メニューをクリック

bitflyerの左サイドエリアの『入出金』メニューをクリック

すると『入出金』画面が表示されます。

お好みの入金方法をクリック

お好みの入金方法をクリック

上記は『銀行振込』を選択した場合の例です。
『銀行振込』メニューをクリックすると、下記の画面が表示されます。

表示された専用銀行口座へ振込を行う

bitFlyerに表示された専用銀行口座へ振込を行う

上記の銀行口座に、以下の注意点を読んだうえで振込入金しましょう。

bitFlyerの注意点を読んだうえで振込入金

bitFlyer LightningでXRPを購入

日本円が入金されたら、次の手順でXRPを購入します。

左サイドエリアの『bitFlyer Lightning』メニューをクリック

左サイドエリアの『bitFlyer Lightning』メニューをクリック

bitFlyer Lightningという、チャートを見ながら仮想通貨が購入できる、取引所画面が開きます。

なお、左サイドエリアの『販売所』メニューをクリックしても購入可能。ただ、繰り返しになりますが、スプレッド(手数料)が高いので損です。

『現物』メニュー・『XRP/JPY』メニューをクリック

bitFlyer Lightningの『現物』メニュー・『XRP/JPY』メニューをクリック

XRPの取引画面が表示されます。

『成行』タブをクリックし『数量』欄を入力、『買い』ボタンをクリック

bitFlyer Lightningの『成行』タブをクリックし『数量』欄を入力、『買い』ボタンをクリック

すると、購入確認のダイアログが表示されます。

内容を確認し『買い』ボタンをクリック

内容を確認し『買い』ボタンをクリック

購入が成立した場合の予想価格をチェックしておきましょう。

ホーム画面に戻り、XRPの数量を確認

bitFlyerのホーム画面に戻り、XRPの数量を確認

念のため、きちんとXRPを購入できたかを確認します。

BinanceでXRP入金情報をコピー

続いては、Binanceにログインして、XRP入金に必要な情報を取得します。

Binanceの無料口座開設が未済の場合は、以下のボタンから行ってください。

\当ブログ特典!ずっと手数料10%オフ/
無料でBinanceの口座開設

また、Binanceの口座開設手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。

参考記事

2022/11/30追記バイナンスが日本上陸(株式会社サクラエクスチェンジビットコインの子会社化)を行ったことに伴い、日本人による本家バイナンスへの新規登録が停止されました。ですので、バイナンスへの登録を考えていた方は、類似サー[…]

【5分で登録】バイナンスの口座開設方法を解説【日本人もOKです】

さて、本題の手順は次のとおりです。

Binanceにログイン後『ウォレットの概要』メニューをクリック

Binanceにログイン後『ウォレットの概要』メニューをクリック

現物資産の保有状況の画面に移動します。

『入金』ボタンをクリック

Binanceの『入金』ボタンをクリック

『入金』ダイアログが立ち上がります。

『仮想通貨を入金』メニューをクリック

『仮想通貨を入金』メニューをクリック

『入金するコイン選択』ダイアログが表示されます。

検索窓に『xrp』と入力>『XRP(Ripple)』メニューをクリック

検索窓に『xrp』と入力>『XRP(Ripple)』メニューをクリック

『ネットワークの選択』ダイヤログが表示されます。

『XRP(Ripple)』メニューをクリック

『XRP(Ripple)』メニューをクリック

すると、下記のとおり、コピペすべき必要情報が表示されます。

『アドレス』と『MEMO』をコピー

『アドレス』と『MEMO』をコピー

まず、『通貨』と『ネットワーク』が、XRP(Ripple)となっているか?を、今いちど確認しましょう。

続いて、『アドレス』と『MEMO』をコピーします。各々の右横にあるコピーアイコンをクリックすればコピー可能です。

コピーした情報は、2つとも後ほど必要になりますので、どこかに貼り付けておきましょう。

上記を使ってbitFlyerから送金

Binance管理画面でコピーした2つの情報を使って、以下のようにbitFlyerから送金を行います。

入出金>リップル(XRP)>送付>『アドレスを登録する』を順にクリック

入出金>リップル(XRP)>送付>『アドレスを登録する』を順にクリック

bitFlyerに登録しているメールアドレスに、メールが送信されます。

bitFlyerに登録しているメールアドレスに、メールが送信される

なので、メールの受信ボックスを確認した後、受信メール内のリンクをクリックしましょう。

外部リップル(XRP)アドレス登録画面で必要事項を入力

外部リップル(XRP)アドレス登録画面で必要事項を入力

上記のキャプチャ画像を参考に、必要事項を入力していきます。
具体的には以下のとおり。

  • ラベル:
    お好きな文字列
  • リップル(XRP)アドレス:
    Binanceでコピーした『アドレス』
  • 宛先タグ:
    Binanceでコピーした『MEMO』

くれぐれも間違いのないように入念に行ってください。
OKなようでしたら『次へ』ボタンをクリック。

外部リップル(XRP)アドレス登録画面に必要事項を選択

外部リップル(XRP)アドレス登録画面に必要事項を選択

続いて、必要事項を以下のように選択しましょう。

  • アドレス所有者:
    お客様本人
  • 送付先:
    海外取引所
  • 送付先取引所名:
    Binance

選択が完了したら、『追加する』ボタンをクリック。
すると、以下のようにBinanceへのリップル送付アドレスが追加されます。

Binanceへのリップル送付アドレスが追加されます

追加されたら、上記のアドレス部分をクリックしてください。

送付数量を入力し『送付する』ボタンをクリック

bitFlyerからBinanceにリップル送金

『送付する』ボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示され、その後に送金が始まります。

少額テスト送金のススメ【注意】
初めての宛先に送金する場合、正しく送金されるかを、まず少額でテストするのが吉。なぜなら、仮想通貨を誤った宛先に送金すると、基本的に戻ってこないためです。

BinanceでXRPをUSDTに変える

bitFlyerからXRPを送金すると、だいたい5分位でBinanceに着金します。

このXRPをそのままにしておくと価格変動の影響を受けてしまうため、すぐにUSDTなどのステーブルコインに変えておきましょう。

ステーブルコインとは?【補足】
価値が安定している米ドルなどに連動するよう設計された仮想通貨銘柄のこと。有名で使い勝手が良いものに、USDT、UTDCがある。

XRPをUSDTに変える手順は、下記のとおり。

『ウォレット』メニュー>『フィアットと現物』メニューをクリック

『ウォレット』メニュー>『フィアットと現物』メニューをクリック

各通貨の現物保有状況が表示されますので、XRPが着金していることを確認。

XRP項目の『トレード』メニュー>『XRP/USDT』メニューをクリック

XRP項目の『トレード』メニュー>『XRP/USDT』メニューをクリック

すると、取引所のトレード画面が開きます。

なお海外取引所には、日本の販売所のような、ぼったくり画面はありません。※ただしクレジットカード購入が、このぼったくりに近いと言えます

『現物』『成行』をクリック、数量を入力後に『売却XRP』をクリック

『現物』『成行』をクリック、数量を入力後に『売却XRP』をクリック

確認ダイアログが表示された後、XRPが売られ(つまり、USDTと交換され)ます。

現物画面に戻って、USDTが増えていることを確認

Binanceの現物画面に戻って、USDTが増えていることを確認

最後に念のため、XRPが減ってUSDTが増えていることを確認しておきましょう。

こんな感じで、bitFlyerからBinanceへの、リップル(XRP)送金手続きは以上です。

記事で読むと、ちょっと大変そうに見えるかもですが、慣れてしまえば数分で終わる作業です。ぜひ、本記事を開きつつ実際に手を動かしてみてください。

【まとめ】注意点に気を付けて送金しましょう

【まとめ】注意点に気を付けてBinanceに送金しましょう

というわけで、bitFlyerからBinanceへの送金手順を解説しました。最後に要点をまとめておきます。

  • 送金はXRPが、断然お得です
  • 販売所でXRPを買うと損する
  • 送金必要項目は正確にコピペ
  • 初めての宛先へはテスト送金

特に『正確にコピペ』と『テスト送金』は、守らないと資産を失ってしまう可能性あり。しつこいようですが、細心の注意を払っていただくよう、お願いします。

それでは、Binanceで素敵な仮想通貨ライフをお送りください。

参考記事

2022/11/30追記バイナンスが日本上陸(株式会社サクラエクスチェンジビットコインの子会社化)を行ったことに伴い、日本人による本家バイナンスへの新規登録が停止されました。ですので、バイナンスへの登録を考えていた方は、類似サー[…]

【5分で登録】バイナンスの口座開設方法を解説【日本人もOKです】
貴重なお時間を頂戴し、最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が、Binance利用の一助になれば幸いです。
Binanceのおすすめ入金方法【リップルの送金手順を完全解説】
最新情報をチェックしよう!