当ブログ『精神と金の部屋』は、仮想通貨【Symbol・XYM】を推しています。

【真実】仮想通貨の取引所と販売所の違い【断言:販売所は損】

  • 仮想通貨取引所販売所の違いって何なの?
  • 購入価格がチャートの価格より高いのはなぜ?
  • 取引所と販売所で価格が異なる理由を知りたい

実は『取引所と販売所の違いを知らなかったばかりに、かなり損していた』というケースがあります。

とは言え、『え、取引所と販売所?スマホでポチポチ買ってるだけだし分からんわ』という初心者の方も多いでしょう。

昔の私も上記を知らずに、鬼のように損をしていました。プロフィールは次の様な感じです。

この記事では、国内仮想通貨サービスにおける取引所と販売所の違いを説明。
また、どのサービスをどう利用すれば損しないのか?を解説しました。

お読みいただくと、日本の仮想通貨サービスの実態を知りつつ、過去の私のような失敗を避ける『損しない利用方法』を理解できます。

流し読みでも十分に有益なはず。ぜひ、最後までご覧くださいませ。
(※記事で使用している『仮想通貨』とは『暗号資産』のことを指します)

取引所と販売所の違い【売買する相手と手数料】

仮想通貨の取引所と販売所の違い

結論、売買する相手手数料が全然違います。
仮想通貨サービス『コインチェック』を例にすると下記のとおり。

売買する相手の違い

  • 取引所:コインチェックの利用者(つまり投資家)を相手に売買
  • 販売所:コインチェックという業者自体を相手に売買
株をやったことがある方ならピンとくると思いますが、取引所はいわゆる板取引と呼ばれる売買の形態です。

手数料の違い

  • 取引所:スプレッドが安い
  • 販売所:スプレッドが高い
スプレッドとは?【補足】
売値と買値の差額。要するに日々変動する手数料のこと。

例えば、コインチェックでビットコインを購入する場合のスプレッドの違いによる価格差は、以下のような目安です。

  • 取引所:スプレッド約0.05%
    → 1BTCの買値=約419万円
  • 販売所:スプレッド約6.20%
    → 1BTCの買値=約431万円

つまり、同じビットコインを買うにしても、販売所で買うと鬼のように割高になるということ。

なので、『購入したらチャート価格より、かなり割高で驚いた!』という場合、販売所のスプレッドが原因な可能性が高いです。過去の私は、これを知らずに損を繰り返していました。

コインチェックの中に取引所と販売所の両方がある

『暗号資産取引所』とうたっているが、実は『取引所 兼 販売所』である点に注意。

つまり、コインチェックの管理画面のうち、どこの画面で売買するか?によって『取引所扱いか?販売所扱いか?』が違うわけです。

コインチェックは例であり、GMOコインやbitFlyerなどの国内仮想通貨サービスも同様に『取引所 兼 販売所』です。
そして売買マニュアルなどで、当たり前のようにスプレッドが高い販売所での売買方法を説明してくるので注意してください。

参考までに、コインチェックの取引所画面は以下のとおり。

コインチェックの取引所の画面

販売所画面は下記となります。※スマホアプリも販売所の画面

コインチェックの販売所の画面

国内のサービスは販売所では売買できるけど、取引所では売買できない銘柄が多いです。

ちなみに、国内の大手で、取引所扱いの銘柄が多いのは『bitbank』となります。

\取引所銘柄多く手数料が安い/
bitbankの詳細はこちら【公式】

どちらで売買するのが吉か?【答:取引所一択】

取引所と販売所、どちらで売買すべきか?

言うまでもありませんが、販売所は使わずに取引所で売買しましょう。
理由は、販売所はスプレッドが高くて損だから。シンプルです。

繰り返しになりますが、例えば同じビットコインを買うのに、次のような違いがあります。

  • 取引所で買う:1BTC=約419万円
  • 販売所で買う:1BTC=約431万円

販売所はムチャクチャ割高。まるでボッタくりシステムです。

公式サイトに記載された販売所のメリットは無視でOK

とは言え、『イヤしおかわさん。公式サイトを見たら、販売所のメリットも書いてあったんだけど』と疑問に思う方も、いらっしゃるかもしれません。
この点、確かにおっしゃるとおり、各サービスは販売所のメリットを打ち出してます。

しかし、販売所のメリットなんて『スプレッドが高い』というデメリットに比べたら、たかが知れてます。

なので、繰り返しになりますが、販売所は無視して取引所で仮想通貨を売買するようにしましょう。

日本の仮想通貨サービスにとって、販売所の割高なスプレッドこそが利益の源泉です。ディスるつもりはありませんが、とにかく各サービスは『あなたに取引所ではなく販売所で売買させたい』という真実を覚えておいてください。

販売所のみの取り扱い銘柄の場合、どうする?

販売所のみの取り扱い銘柄はどうする?【Bybitを使う】

どうしても国内の仮想通貨サービスだと、販売所でしか取り扱いがない銘柄の場合、どうすれば良いのか?

結論、スマホアプリも完全日本語対応である海外取引所『Bybit(バイビット)』での購入が吉です。

以下のような特徴があるため、日本の販売所で購入するよりも、はるかにお得だから。

  • 販売所は無く全て取引所扱い、手数料は0.1%
    ※FXの場合は異なります
  • 取り扱い通貨が130種類以上もある(2022年5月時点)

ただBybitでは、日本円の取り扱いがありません。
なので、日本の取引所で仮想通貨を購入してから、Bybitに送金しましょう。※リップル(XRP)送金が手数料が安くておすすめ

Bybitの特徴や口座開設方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

参考記事

分かりやすいBybitの口座開設手順を知りたい本人確認は必要?必要なら手順を教えて欲しいどんな特徴があるの?ユーザーの感想はどう?[…]

【3分で登録】Bybitのメリットや口座開設方法・始め方を解説

\お得な特典&サポートが丁寧な取引所/
無料でBybitに登録する【公式】

【まとめ】損を避けるために、知識をつけよう

というわけで、今回は取引所と販売所の違いを解説しました。
要点をまとめると下記のとおりです。

  • 取引所:投資家を相手に売買、スプレッドが安い
  • 販売所:業者を相手に売買、スプレッドが高い
  • なので、販売所は使わずに取引所で売買しよう
  • 国内だと販売所のみの銘柄はBybitで買うのが吉

仮想通貨に限らず、ぶっちゃけ投資は知識が無いとカモられる世界です。

2017年頃の私は、勉強をしないまま投資を行って、ずいぶんと損をしてきました。

あなたには私のような失敗をしていただきたくないです。
なので、ぜひ知識を習得したうえで投資を行っていただきたく思います。

\お得な特典&サポートが丁寧な取引所/
無料でBybitに登録する【公式】

参考記事

分かりやすいBybitの口座開設手順を知りたい本人確認は必要?必要なら手順を教えて欲しいどんな特徴があるの?ユーザーの感想はどう?[…]

【3分で登録】Bybitのメリットや口座開設方法・始め方を解説
参考記事

最も損せずBybitに入金する方法を知りたい手数料の安いリップルの送金手順を知りたいその手順を、画像付きで丁寧に教えて欲しい […]

【簡単】Bybitへのおすすめ入金方法【リップル送金手順を完全解説】
最後までお読みいただきありがとうございました。
本記事が、取引所と販売所の理解の一助になれますと幸いです。
【真実】仮想通貨の取引所と販売所の違い【販売所だと損する】
最新情報をチェックしよう!