次回から『精神と金の部屋』と検索いただきますよう、お願いいたしますm(_ _)m

【失敗しない】初心者がFXを始める前におさえるべき8つの知識【完全ガイド】

  • 2021年5月17日
  • 2021年5月28日
  • FX
FX 【失敗しない】初心者がFXを始める前におさえるべき8つの知識【完全ガイド】
  • FXに興味があるものの、リスクが高そうだし失敗するのが怖い!
  • なので始める前に、基本知識や失敗する主な原因を知っておきたい
  • あわせて、初心者におすすめのトレード方法や勉強法も知りたい

一般的に言って、『FXを始めよう』と考えても、失敗が怖くて挫折してしまう初心者は多いものです。

昔の私も同じでした。
今回は、上記のような悩みを解消します。
プロフィールは次のとおり。

この記事では、これからFXを始める完全初心者の方が知っておくべき8つの知識を、私の経験も踏まえながら解説します。

お読みいただくと、FXをスムーズに始められ、大きな失敗を避けられるようになります。

本記事のネタバレ

  • pipsとpoint・ロットの意味と注文方法を知るべし
  • 無限ナンピンと許容額無視は資金を失う地獄コース
  • 上位足の流れに沿った押し目買いと戻り売りが基本
  • 高速で上達したければ、実行→その後にインプット

流し読みでも有益です。ぜひ最後まで、ご覧くださいませ。

FX独自の基本用語を知る【pipsとpoint・Lot】

FX独自の基本用語を知る【pipsとpoint・Lot】

まずは下記を必ず理解しておきましょう。

  • pips(ピップス)とpoint(ポイント)
  • Lot(ロット)

各々、見ていきます。

pipsとpointとは?【変動幅を表す単位】

pipsとpointは為替の変動幅、つまりチャートの縦の動きの大きさを表す単位。

結論、次の様におさえておけばOKです。

pips(ピップス)

円の場合:
1pip=0.01円/例えば30pips=0.30円

外貨の場合(ドルの例):
1pip=0.0001ドル/例えば30pips=0.0030ドル

point(ポイント)

1point=0.1pips
※上記がスタンダードだが、FX会社によっては1ポイント=1pipの場合あり

上記のように覚えておけば、トレードを行うのには充分です。

一応、それぞれ事例付きで深堀りします。

pips(ピップス)の詳細説明

pip(ピップ)は通貨の最小単位の百分の一を表します。

例:

日本円の最小単位は1円。その百分の一は0.01円。
つまり、1pip=0.01円。

ドルなら最小単位は1セント=0.01ドル。
なので、1pip=0.0001ドル。

pip(ピップ)は、複数形だとpips(ピップス)。
そのため『1』以外、例えば『30』の場合は『30pips』と表現されます。

point(ポイント)の詳細説明

一方、pointはFX取引の最小単位。

実は、昔はpipsしか単位がありませんでした。

ところが、各FX会社がスプレッド(手数料)をどんどん狭くしたため、さらに小さい単位が必要となりました。そこで、pointという単位を作ったわけです。

繰り返しになりますが、スタンダードは『1point=0.1pips』です。

ただし、まれに1ポイント=1pipというFX会社も存在します。

Lot(ロット)とは?【取引量を表す単位】

Lot(ロット)は取引する際の通貨量を表す単位。
基本的には次のとおりです。

1ロット=1万通貨

注文する際に、ロットの数値を入力して使います。

例えば、ドル円取引で1ロットの買い注文は『1万ドルの買い注文』ということ。
0.1ロットなら『1,000ドル』だし、0.01ロットなら『100ドル』ですね。

ユーロ円でもポンド円でも同じです。

ただし、メキシコペソや南アフリカランドは価格が低い分、1ロット10万通貨が基本です。
また、まれに1ロット=1,000通貨というFX会社も存在します。

ちなみに『どの通貨ペアでトレードをしたら良いか分からない』方は、ドル円から始めることをおすすめします。
理由は、分かりやすいことと値動き変動が少なく初心者向けであることです。

損切り・利確のルールと勝率の目標が必要と知る

損切り・利確のルールと勝率の目標が必要と知る

前提としてFXに損切りは絶対に必要です。

なぜなら、想定外の場合に一撃で資金が無くなる可能性があるからです。

なので、しつこいですが、FXで損切りは呼吸と同じくらい当たり前に必要と覚えてください。

その上で、次のようなルールや目標づくりが必要になります。

  • 損切りのルール→損失額(損失許容率)から考える
  • 利確のルール→損切りpipsとの比率が大切になる
  • 勝率の目標→これを決めることで手法を確立させる

上記のとおり。

完全初心者におすすめのルールと目標は以下です。

完全初心者におすすめのルールと目標

  • おすすめの損失許容率は『2%』
  • おすすめなリスクリワードは『1.2』以上
  • おすすめな勝率目標は『55%』以上

なお、損切り・利確・勝率については、以下の記事で詳しく解説しています。
【失敗しない】FX初心者向け3つの投資ルール【損切り 利確 勝率】

2つの地獄行きコースを知っておく【無限ナンピン・許容額無視】

2つの地獄行きコースを知っておく【無限ナンピン・許容額無視】

次の2つを行うと一発で資金を失い地獄行きの可能性が高いです。
あらかじめ知っておき、避けるようにしましょう。

  1. 損切りせず、ずっとナンピンし続ける
  2. 損失許容額を無視したハイレバレッジ

損切りせず、ずっとナンピンし続ける

FXで資金を失う理由No.1が、この無限ナンピンです。

ナンピン(難平)とは?
以下2つによって平均取得単価を平らにする手法。
・価格が下がるたびに買い増すナンピン買い
・価格が上がるたびに売りますナンピン売り

自分が思い描いた方向と逆に行ってしまったのに損切りしない。
いつか戻るだろうと思って、ひたすらナンピンし続ける。私も経験ありますが、かなりヤバイ。

上記をやってしまう原因は『損を受け入れたくない』という心理状態です。

繰り返しになりますが、無限ナンピンが地獄行き理由No.1だと覚えておいてください。

損失許容額を無視したハイレバレッジ

無限ナンピンほどではありませんが、資金を失う大きな理由の一つ。

これをやってしまう原因の大半は『損を取り戻したい』という焦りの心理です。

損失許容額のルールを決め、それを守りましょう。

さまざまな注文方法とその使い方を知る

さまざまな注文方法とその使い方を知る

以下の7つになります。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文
  4. OCO注文
  5. IFD注文
  6. IFO注文
  7. トレール注文

『マジ、7つもあるのかよ!』と感じたかもしれません。
でも、慣れてしまえば誰でも当たり前のように使えるようになるので心配ご無用です。

後で『こんな注文方法あるなんて知らなかった・・・』とならないように、今は軽くで良いのでおさえておきましょう。

①成行注文
現在の価格で取引を成立させる注文。
今すぐ買いたい、売りたい場合に使う。
②指値注文
指定した価格になったら取引を成立させるための予約注文。
安くなったら買いたい、高くなったら売りたい場合に使う。
③逆指値注文
指定した価格になったら取引を成立させるための予約注文だが指値注文の逆。
つまり、高くなったら買いたい、安くなったら売りたい場合に使う。
損切り用の予約注文は逆指値注文となる。
④OCO(オーシーオー)注文
異なる2つの内容を同時に出す予約注文。
利確注文と損切り注文を、同時にあらかじめ設定する場合に使う。
一方が成立したら、もう一方は自動的にキャンセル扱い。
⑤IFD(イフダン)注文
異なる2つの内容を同時に出す予約注文。
新規注文と損切りまたは利確注文を、同時にあらかじめ設定する場合に使う。
新規注文が成立しなかったら、もう一方の注文も当然に成立しない。
⑥IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文
異なる3つの内容を同時に出す予約注文。
新規注文と損切りおよび利確注文を、一度にあらかじめ設定する場合に使う。
新規注文が成立しなかったら、損切りと利確の注文は当然に成立しない。
また、損切りと利確注文については、一方が成立したら、もう一方は自動的にキャンセル扱い。
これを使いこなせると、チャートに張り付かずとも自動化できるようになる。
⑦トレール注文
特殊な利確注文。 トレールとはついていくという意味。
価格の動きに応じて利確ラインが自動的に追従していくため、利益を最大限に伸ばしたい場合に使う。
MT4対応しているなどの一部のFX会社でしか、トレール注文は行えない。

現段階では、こんな感じなんだくらいに知っておけばOKです。

補足:MT4とは?
グローバルスタンダードな高性能FX取引ツール。
インジケーターと呼ばれるツール(例えばGMMAとかピボットなど)を追加して、自分なりのMT4に仕上げていくことも可能。

基本は上位足の流れに沿った、押し目買いと戻り売り

基本は上位足の流れに沿った押し目買いと戻り売り

未経験の方はピンと来ないかもしれません。
まずは『へぇー』ぐらいの感じで、以下の流れを見ておけば充分です。

  1. 2つ上位の足が上昇か?下降か?を確認
  2. その方向に逆らわないトレードをする
  3. 2つ上位の足が上昇なら押し目買いする
  4. 2つ上位の足が下降なら戻り売りをする

意味が分からないかもしれないので、例を出すと下記のとおり。

・30分足が上昇中
→5分足が下がったところで買う

・30分足が下降中
→5分足が上がったところで売る

詳細は以下の記事で解説しています。参考にどうぞ。
【上位足の意味とは?】FX初心者が勝率UPする使い方も公開

FXを始めるのに適切な資金量【通常10万・理想は30万】

FXを始めるのに適切な資金量【通常10万・理想は30万】

FXは1万くらい入金すれば、始めることができます。
ですが、普通は10万円くらい、理想は30万円くらい入金するとGood。

なぜなら、覚悟が決まるからです。
具体的には、次のような覚悟になります。

  • 勝てるようになったらロットを増やす覚悟
  • 入金したお金をFXで増やし続けていく覚悟

例えば、いつまでも最低ロットでトレードを続ける人がいます。
また、ちょっと勝つとすぐに出金してしまう人もいます。

でも、それだと全然お金が増えません。

上記は、覚悟不足による行動です。

ですので、10万円〜30万円のまとまった金額を入金して始めるようにしましょう。

入金額自体は10万円〜30万円が良いですが、もちろん未経験者の場合、まずは最低ロットで操作に慣れるのが吉。
数回トレードして慣れたら、先述の損益許容率などから注文ロットを決めるようにします。

とはいえ『10万円も余裕資金が無いんだけど』という方

厳しい言い方になりますが、まだFXを始めるタイミングでは無いかもしれません。

まずは、自己アフィリエイトなどをこちらの記事を参考に行って、種銭を作る方が良いかもです。

参考記事

アフィリエイトで投資用の種銭を作ろうと思ったけど成果が出ない 誰でも簡単で確実に成果の出る方法を教えて欲しい一般的にア[…]

自己アフィリエイトでの投資用種銭10万円の作り方

FXを始めるのに必要なもの【3つある】

FXを始めるのに必要なもの【3つある】

次の3つです。

  1. パソコン・スマホ
  2. FX証券口座
  3. 銀行口座

それぞれ、見ていきます。

パソコンとスマホ

どちらか片方でもトレードできますが、両方あるのが理想。
以下のような使い分けが可能になるからです。

  • パソコン:しっかりしたチャート分析
  • スマホ:すきま時間での確認や注文

例えば、『夜にパソコンでチャート分析、日中に良い売買タイミング来たらスマホで注文』という感じ。

なので、できれば両方用意しましょう。

FX証券口座【おすすめの国内口座3つ、海外口座1つを紹介】

FXを行うには、専用の証券口座が必要。
初心者へのおすすめは、次のとおりです。

  • DMM FX
  • 外為どっとコム
  • XM
  • みんなのFX

それぞれの詳細を解説します。

  • DMM FX
    5.0
    • 口座開設数が多い超人気FX口座
    • 最短、1時間で取引の開始が可能
    • キャッシュバック最大200,000円
    • スプレッド(取引コスト)が安い
    • 最小取引単位=10,000通貨
    • 取引可能な通貨ペア=20種類

    完全初心者に人気のFX口座。本人確認もスマホで簡単に行えます。

    \キャッシュバック最大200,000円/
  • 外為どっとコム
    4.5
    外為どっとコム
    • 老舗の安心感から人気の高いFX口座
    • 最短、当日から取引の開始が可能
    • キャッシュバック最大103,000円
    • スプレッド(取引コスト)が安い
    • 最小取引単位=1,000通貨
    • 取引可能な通貨ペア=30種類

    投資を学べるコンテンツが充実しているFX口座。最短当日から取引が可能。

    \キャッシュバック最大103,000円/
  • XM(海外FXサービス)
    4.0
    海外FXサービスXM
    • 海外FXサービスで人気No.1を誇る
    • MT4・MT5を使ってトレードが可能
    • 口座開設のみで3,000円ボーナス
    • ゼロカットシステムで借金の心配が無い
    • 最小取引単位=1,000通貨
    • MT4で取引可能な通貨ペア=57種類

    完全日本語対応の人気No.1海外FX口座。海外サービスに抵抗が無いは是非お試しください。

    \口座開設のみで3,000円ボーナス/
    参考記事

    XMって有名みたいだけど、初心者でも安全に取引できるの?海外FX業者であるXMって、FX初心者には難しいのでは?そもそも国内FX業者[…]

    FX初心者にこそ『XM』がおすすめな5つの理由とは?
  • みんなのFX
    3.5
    トレイダーズ証券[みんなのFX]
    • マイナー通貨の取引に強いFX口座
    • ポンドやユーロの取引コストが安い
    • キャッシュバック最大50,000円
    • 最小取引単位=1,000通貨
    • 取引可能な通貨ペア=27種類

    マイナー通貨の取引コストが安いFX口座。
    ポンドやユーロといったドル以外の通貨も積極的にトレードしたい方におすすめ。

    \キャッシュバック最大50,000円/

銀行口座

銀行口座もFXを始めるのに必要。これは想像がつきやすいかもしれません。

FX口座への入金やFX口座からの出金は、基本的に銀行口座を使って行うからです。

FX会社と提携している銀行を利用すると、入金の反映が早いなどのメリットがある場合もあります。

FXを高速で上達させる勉強法【今すぐ実行→その後にインプット】

FXを高速で上達させる勉強法【今すぐ実行→その後にインプット】

結論、今すぐトレードを始める。その後にインプットするという順番で行うこと。

なぜなら、もっとも効率の良い勉強につながるからです。

具体的には、以下のステップになります。

  1. いきなりお金を入れてトレードを始める
  2. 増えれば興奮する、減れば怖いと感じる
  3. 怖いのは分からないからだ!と気づける
  4. 不明部分を本気で調べインプットできる

確かにインプット無しでトレードを始めたら危険と感じるかもしれません。
ただ、この点は前述の損失許容額2%を守ればOKです。

つまり、口座に入れた金額の2%以上は絶対に損をしない損切り予約注文を確実に入れれば問題ありません。

やはり、もっとも効率の良い勉強法は『まず実行→その後にインプット』になります。

とはいえ『本ぐらい読んでからトレードしたい』方へ

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版がおすすめです。

昔、大人気だった本ですが、改訂版が出てました。

基本から応用まで幅広く書かれており、長く使えるのでコスパが良いです。

まとめ:今すぐ口座を開設してFXを始めよう

こんな感じで、記事は終了です。
けっこう長文になりましたが、完全初心者がおえておくべき知識をつかんでいただけたかと思います。

かんたんに要点をまとめます。

  • pipsとpoint・ロットの意味と注文方法を知るべし
  • 無限ナンピンと許容額無視は資金を失う地獄コース
  • 上位足の流れに沿った押し目買いと戻り売りが基本
  • 始めるのに適切な入金額は、通常10万、理想は30万
  • 高速で上達したければ、今すぐトレードを始めよう

繰り返しになりますが、『今すぐトレードを始める→その後にインプットする』という順番が大切。このページを閉じたら、さっそく手を動かし始めましょう。

完全初心者が選ぶべきFX証券口座

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
『記事が参考になった』という方は、SNSボタンのクリックをお願いします。
【失敗しない】初心者がFXを始める前におさえるべき8つの知識【完全ガイド】
最新情報をチェックしよう!