当ブログ『精神と金の部屋』は、仮想通貨【Symbol・XYM】を推しています。

NFTって何?わかりやすく答えると【唯一性の証明付き電子データ】

  • 最近、ネットで目にする『NFT』が何なのか?ピンとこない
  • 仮想通貨とNFTって似た感じがするけど、何が違うんだろう?
  • どんな種類のNFTがあって、どうやったら売買できるんだろう?

実は最近、NFTが注目されています。なぜなら、極めて高額で取引されるケースが出ているからです。

ただ、一般的に『NFTと言われても、いまいちピンと来ない』初心者が大半でしょう。

以前の私も良く分からないと感じていました。今回は上記の疑問を解消します。
プロフィールは次のとおりです。

この記事では、なるべく分かりやすく『NFTとは何か?や仮想通貨との違い』を解説。後半では『NFTの種類や取引の方法』を紹介します。

記事をお読みいただくと、NFTへの理解を深めることができます。

流し読みで充分です。最後までご覧くださいませ。
(※記事で使用している『仮想通貨』とは【暗号資産】のことを指します)

【結論】NFT=非代替性トークン=唯一性の証明付きデータ

NFT=非代替性トークン=唯一性の証明付きデータ

結論、下記のとおりです。

NFT(ノン・ファンジブル・トークン)とは?

直訳すると『非代替性トークン』。少し噛み砕くと『唯一性の証明付き電子データ』。『唯一である固有の識別子』が付与されている仮想通貨に似た電子データのこと。

別の言い方をすると、『たとえコピーされたとしても、こちらが最初の発行者だと証明可能な電子データ』になります。なぜならブロックチェーンは履歴を保存していくための仕組みだから。

ちなみに、ブロックチェーンをざっくり定義しておくと、以下のとおりです。

ブロックチェーンとは?【補足】

どの順番に・誰が・どんな取引などを行ったのか?という記録データを、改ざんや削除などを防ぐため数多くのサーバーへ保存していく技術。

NFTと仮想通貨の違いとは?【答:代替性の有り無しです】

NFTと仮想通貨の違いとは?【答:代替性の有り無しです】

NFTと仮想通貨の違いも、ピンと来ない方が多いでしょう。
過去の私もそうでした。

結論を言いますと、次のとおり。

唯一である固有の識別子による証明が付いているか?否か?

補足【中級者向け】:
ブロックチェーンにもよりますが、供給量『1』の付与や、メタデータの呼び出しURIの付与などの違いもあります。

例えば昨今、スポーツ選手の写真データがNFT化されていますが、一見同じ写真に見えようと各々には固有の識別子が付いてます。

つまり、それぞれの唯一性が証明されている(代替性が無い)ということです。なので同じに見える写真2つに、異なる価値が付くこともあり得ます。

補足【中級者向け】:
フルオンチェーンNFT以外の場合、写真はブロックチェーン外に格納されています。フルオンチェーンNFTについては、以下の記事で詳しく解説しました。
3分で分かる!フル(オール)オンチェーンNFTの仕組み【実物あり】

一方、仮想通貨。例えば『1BTC分のビットコインデータ』は、世の中にたくさん存在します。Aさんの1BTCも、Bさんの1BTCも価値は同じです。

なので、仮想通貨には唯一性が無く、仮にAさんの1BTCとBさんの1BTCを取り替えても何ら問題はありません(代替性が有る)。

まとめると、『代替性が有る=仮想通貨』『代替性が無い=NFT』になります。

NFTの実物を紹介【ブロックチェーン内のデータを見せます】

Shiokawa Icon NFT

上記は、私が適当に書いたアイコンを、OpenSeaというNFTマーケットプレイスでNFT化したものです。

百聞は一見に如かずということで、どんな感じでブロックチェーン内で識別子が付与されているか見てみましょう。

ブロックチェーン内のデータを見るには、ブロックチェーンエクスプローラーという画面を使います。
このNFTはイーサリアムで作成してますので、イーサリアムブロックチェーンエクスプローラー(通称イーサスキャン)を見ます。

イーサスキャン
https://etherscan.io/

上記NFTの固有識別子が表示されたイーサスキャン画面は以下のとおりです。

イーサスキャン内のトークンID

赤枠内に下記のような乱数が示されてますね。

8712988592183185607478292742133421793515440706603679783029028034046635016193

この乱数が、私が作成したNFTのトークンID。つまり識別子でして、他に同じものはありません。

ちょっと味気ないかもしれませんが、識別子が付与されていればアート画像など無くてもNFTということです。

NFTの種類【アートNFT/ゲームNFT/非ゲームNFTがある】

コインゲッコーの四半期レポート

仮想通貨のデータ収集サイトとして有名な『コインゲッコー』発表のレポートを参考にすると、NFTの主な種類は次のとおり。

  • アート系NFT
  • 一般系NFT
    • ゲーム系NFT
    • 非ゲーム系NFT

それぞれ、解説します。

アート系NFT

クリプトパンクス

絵画やイラストなどのアートをNFT化したもの。

例えば、その作品の一つが605ETH(時価:約7,900万円)で落札され話題を呼んだ『クリプトパンクス』などが挙げられます。

クリプトパンクス
24✕24ピクセルの小さいキャラクターの画像から構成されるデジタルアート。初のNFTと言われる。

様々なアート系NFTは、以下のように世界最大の仮想通貨取引所バイナンスの『Binance NFT』でも売買されています。

Binance NFT

なお、Binance NFTでは、自分でNFTを作成して出品することもできます。利用にはバイナンスのアカウントが必要です。

バイナンスの特徴や口座開設方法は、こちらの記事で詳しく解説しました。5分で登録できますので、ぜひご参考ください。

参考記事

2022/11/30追記バイナンスが日本上陸(株式会社サクラエクスチェンジビットコインの子会社化)を行ったことに伴い、日本人による本家バイナンスへの新規登録が停止されました。ですので、バイナンスへの登録を考えていた方は、類似サー[…]

【5分で登録】バイナンスの口座開設方法を解説【日本人もOKです】

一般系NFT

分類すると、ゲーム系NFTと非ゲーム系NFTの2種類になります。

ゲーム系NFT

例えば、ブロックチェーンゲーム『Axie Infinity』のキャラクターである『アクシィ』が挙げられます。

『Axie Infinity』のキャラクターである『アクシィ』

Axie Infinity
ゲームを進めながら、AXSとSLPという仮想通貨を稼げる。
キャラクター『アクシィ』を増やすには、AXSとSLPが必要。
2021年、フィリピンなどの途上国で稼ぐ手段として人気上昇中!

また、下記もゲーム系NFTの例です。

ブロックチェーンゲーム『The Sandbox』の仮想土地空間『LAND』

ブロックチェーンゲーム『The Sandbox』の仮想土地空間『land』

コインチェックでの初売り時に、全てが出品から3秒以内に購入されて話題を呼んだ『LAND』もゲーム系NFTの代表格です。

The Sandbox
ユーザーがメタバースと呼ばれる仮想空間の中で、立方体を組み合わせてつくるアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊べるプラットフォーム。

ゲーム系NFT『LAND』は、Coincheck NFT (β版)で購入可能。コインチェックの口座を無料開設すれば、Coincheck NFT (β版)も利用できます。

コインチェックの口座開設手順は、以下の記事で詳しく解説しました。
【コインチェック】口座開設の手順3つと開設後の手続き2つを完全解説

非ゲーム系NFT

色々ありますが、スポーツや芸能関係のトレカなどが代表的です。

コインチェックで販売されているNFTトレカ

上記は、コインチェックで販売されているNFTトレカになります。

アバターに使えるキャラクターのNFTが人気【2021/10追記】

2021年10月現在、アバター(SNSなどのプロフィール画像)に使えるような、キャラクターもののNFTに人気が集まっています。また、コレクションものになっているのも特徴です。

代表作を挙げると、次のとおり。

  • CryptoPunks(クリプトパンクス)
  • Bored Ape Yacht Club(ボワードエイプヨットクラブ)
  • Mutant Ape Yacht Club(ミュータントエイプヨットクラブ)
  • Cool Cats(クールキャッツ)
  • Pudgy Penguins(プギーペンギンズ)

CryptoPunks(クリプトパンクス)

CryptoPunks(クリプトパンクス)

最初のNFTと言われている、アートNFTの王者的な存在です。

ヘッジファンドのThree Arrows Capitalや、クレジットカード大手のVisaが購入したことで話題を呼びました。

Bored Ape Yacht Club(ボワードエイプヨットクラブ)

Bored Ape Yacht Club(ボワードエイプヨットクラブ)

米国の企業ユガ・ラボ(Yuga Labs)が制作する猿のキャラクターコレクションのNFT。

サザビーズのオークションにて、107点の作品セットが26.8億円で落札され話題を呼びました。

サザビーズとは?
世界最古であり、世界で初めてインターネット上でオークションを開催したイギリスの美術品オークション会社。

Mutant Ape Yacht Club(ミュータントエイプヨットクラブ)

Mutant Ape Yacht Club(ミュータントエイプヨットクラブ)

先に紹介したBored Ape Yacht Clubの創設者によって制作されたミュータント猿のキャラクターコレクションのNFTです。

Cool Cats(クールキャッツ)

Cool Cats(クールキャッツ)

色々なコスチューム、顔、色を持った1万匹の猫で構成されるキャラクターコレクションNFT。

マイク・タイソン氏が入手したこともあり、有名になりました。

Pudgy Penguins(プギーペンギンズ)

Pudgy Penguins(プギーペンギンズ)

8,888匹のペンギンで構成される、キャラクターコレクションNFT。

Twitter上で流行し、プロジェクトがペンギンの慈善団体に10万ドル以上を寄付したことから話題となりました。

【まとめ】初心者はコインチェックでNFTをチェックしよう

記事は以上になります。もう一度、本記事のまとめです。

  • NFTとは唯一性の証明付き電子データのこと
  • NFTと仮想通貨の違いは、代替性の有り無し
  • アートNFT/ゲームNFT/非ゲームNFTがある

最後にNFTに興味がある初心者の方へ

まずはコインチェックでNFTを確認してみるのが吉です。なぜなら、国内取引所なので使いやすく安心できるためです。

コインチェックのアカウントをお持ちでない場合、以下から無料で登録しましょう。

\NFTあり!初心者向け取引所/
無料でコインチェックに登録

また、コインチェックの登録手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。

参考記事

コインチェックに興味があるけど、口座開設が難しそう なので、口座開設の手順を分かりやすく教えて欲しい また、開設後に必要になる手続きも知りたい […]

【コインチェック】口座開設3つの手順と開設後の2つの手続きを完全解説
最後までお読みいただきありがとうございました。
『記事が参考になった』という方は、SNSボタンをクリックいただけると嬉しいです。
NFTとは?わかりやすく言うと何
最新情報をチェックしよう!