次回から『精神と金の部屋』と検索いただきますよう、お願いいたしますm(_ _)m

与沢翼さんのSymbol・XYM活動をまとめた【本気の応援が見える】

  • 与沢翼さんが10億円相当のシンボルを保有って見たけど本当なの?
  • Bybitに土下座して上場させたようだけど、今も保有してるわけ?
  • 与沢さんがどんな活動をしているのか?興味あるので教えて欲しい

与沢さんの『XYM10億円保有』や『Bybit上場』の情報を取り上げるニュースメディアが増えてるようです。

ただ一般的に言って、それらを読んでも、『部分的な情報ばかりで、ホントのところが分からないよ』と感じる方が多いのが実状でしょう。

今回は上記のような不満を解消します。私ですが、こんな感じの人間です。

この記事では、『与沢翼さんがSymbol・XYMに関してどのような活動を行ってきたか?』を、事実ベースで紹介。必要に応じて補足の説明をつけました。

お読みいただくと、与沢さんのSymbol・XYM、ひいてはNEMに関する活動の大枠を把握できます。

読みやすいように、可能な限りコンパクトにまとめました。
ぜひ最後までご覧ください。
(※記事で使用している『仮想通貨』とは【暗号資産】のことを指します)

\最もお得にXYMを買える取引所/
無料でBybitに登録する【公式】

おえておきたいSymbol・XYM基礎知識【NEMとの関係/ノード】

おえておきたいSymbol・XYM基礎知識

すでにSymbolやXYMの定義など基本事項を、ご存じの方へ。こちらをクリックして、本題である『与沢翼さんの活動』に移動できます。

最初にいくつか補足説明しておきます。このあとの内容が良く分からなくなる可能性があるからです。

サクッと、お目通しいただけると幸いです。

Symbol・XYMの基礎知識

Symbolとは?
日本で知名度が高く歴史あるプロジェクト『NEM』のブロックチェーンを大幅アップデートしたブロックチェーン。2021/3/17にローンチ(リリース)された。
XYMとは?
Symbolの利用手数料や、ノードなどへの報酬として使われるネイティブトークン、つまり基軸の仮想通貨の名前。
ノードとは?
ブロックチェーン関連のネットワークに参加しているコンピューターのこと。Symbolノードは個人運営も多く、運営者同士の助け合いの中、コミュニティが発達している。与沢さんもノード運営者の一人。
NEMとは?
『NIS1』という名前のブロックチェーンを使って、非中央集権的な新しい経済圏をつくることを目指したプロジェクトのこと。基軸の仮想通貨名は『XEM』。
2021/3/12時点でXEM(NEM)を持っていると、XYM(Symbol)がもらえたという歴史がある。

上記、厳密でない部分もありますが、ゆるく理解しとけば基礎はOK!
なお、さらなる詳細はこちらの記事で解説しています。

参考記事

『Symbol』『XYM』が、どんなものなのか知りたい。仮想通貨『XYM』に投資した際の将来性はどう?[…]

【仮想通貨】Symbol・XYMとは?将来性も解説【知識0でOK】

それでは、本題に入っていきましょう。

与沢翼さんはシンボルアドレスを公開してる【保有量ガラス張り】

与沢翼さんはシンボルアドレスを公開してる

ご存じないかもなので紹介。
実は与沢さん、自分のウォレットの中身をツイッターで世間に公開しています。

具体的には以下のとおり。

つまり、与沢さんのXYM保有量などを、全世界の人がリアルタイムで把握できるということ。

上記のURLをクリックしてみると分かりますが、約2,700万XYM(2021/11/30時点)も保有されてますね。

なお、ソースは次のとおり。

なぜ、わざわざアドレスを公開したのか?

たしかに、なぜわざわざ公開したのか?意味わからないですよね。
ただ、この点は、ご本人がYouTubeでその意味を述べられています。

21:21~

別に売る気が無いから、あのーしばらくね。そのままずーと持つと。だから公開したんですけど。
でも、反響みて自分、ホントSymbol・XYMで良かったと思いますね。

述べられている点は、上記のとおり。要するに、ずっと保有つもりだから公開されたということですね。

個人的な意見になりますが、わざとご自身に縛りをもうけ、応援の覚悟を固めたのかもしれません。

お時間の許す方は、ぜひ動画を視聴してみてください。
(※視聴しなくても、これ以降の記事は理解できます)

与沢翼さんのシンボルに関する活動【Bybit上場以外もある】

さて、与沢さんは2021/10/19に『Symbol・XYMを全力で応援する』と宣言されました。

Twitterでは大いに盛り上がり、仮想通貨系メディアも取り上げています。

上記を前提に、ここからは与沢さんの具体的な活動を見ていきましょう。

主な活動は、以下の3つです。

  • 活動①:開発者への経済的支援
  • 活動②:SymbolSNSの立ち上げ
  • 活動③:BybitへのXYM上場実現
  • 活動④:XYMのエアドロ企画【※2021/12追記】

それぞれ、深堀りしていきます。

活動①:開発者への経済的支援

与沢翼さんのシンボルに関する活動

実は与沢さん、応援宣言よりも以前に、Symbol投資家・関連ツール開発者の方への支援を行ってます。

与沢さんが行ったイベント:プレゼントキャンペーンの当選という形によってです。

さらに言うと上記イベントの中で、ご自身がXYMに投資していることをはっきりと公開されています。ソースは下記のとおり。

上記のとおり、2021/6/27の段階で、XYMに投資していることを明言されている。要するに、いきなり10億ぶっこんで、ポッと出てきた方では無いということです。

当選者は、どのような方なのか?

NFT-DriveというSymbol関連アプリを開発された、中島理男さんという方です。

中島理男様【与沢翼プレゼントキャンペーン当選者インタビュー】
https://hexanft.com/yozawawinner2/

SNSでは、ボー太郎博士という名で活躍されてます。

このNFT-Driveですが、控えめに言ってもNFTの未来を変える可能性を持ったスゴイ機能です。

興味のある方は、以下の記事で解説してますので、あわせてご覧ください。
元画像も守られたNFT発行 | Symbol・XYMの将来性をかみ砕いて解説

ちなみに与沢さんは下記のような感じで、お子さんの書いた絵をNFT化されてますね。

Symbolには個人開発者を支援する文化がある

例えば、こちらのシンくまラボ。Symbolノードの運営者であり、さまざまな活動を行っている、ねむぐまさんによるコミュニティです。

運営ノードからのハーベスト報酬により、Symbol関連アプリ開発を行うエンジニアの方々を支援されています。

なお、『ハーベスト報酬?何それ』と言う方は、ステーキング報酬みたいなものだと考えてください。

さらにSymbolにはイベントで盛り上げる文化もある

例を挙げると、ノド坂46(のどざかじむ)。Symbolノード運営者たちのユニットであり、色んなイベントを開催しています。

活動②:SymbolSNSの立ち上げ

与沢さんの活動に話を戻します。2つ目の主な活動は、Symbol専用SNSの立ち上げです。

SNS内ではメンバーがSymbolに関するアイデアを投稿したりしてます。また、与沢さんによるSymbolの魅力解説や、ボー太郎さんのNFT-Drive解説などもあります。

与沢さんの解説動画はYouTubeでも公開されており、次のような感じです。

新時代の新経済

ご自身の流儀や過去の経験にも触れつつ、トークン経済というもののスゴさを語られてます。

給料などの報酬が無くても、自分を含め人々が勝手に投資して勝手に応援する経済がスゴイ。しかも本業持ちつつ副業的にやってるところが。

一方で、与沢さんがやってるからという理由で、自分もXYMに突っ込む。こんな妄信的な行動はリスク高いのでやめた方が良いと、苦言もテイされてます。

Symbolの魅力その1:マルチシグについて

XYMが上がるか?と言えば分からない。でも自分たち次第だし、私は私にできることをやっていくと前置いたうえで、下記のような解説されています。

  • 送金などに必要な秘密鍵を複数設定する機能をマルチシグと言う
  • マルチシグは通常、わざわざ別途、機能追加しないと利用できない
  • でも、Symbolの専用ウォレットにはマルチシグが標準装備されてる

また、ご自身がどんな感じでセキュリティ設定をされてるのか?の解説も有りです。

Symbolの魅力その2:Full on chain

実際のウォレット画面操作を映しながら、以下のような多岐に渡る内容を解説されています。

フルオンチェーン・アグリゲート・モザイク・ネームスペース・マルチレベルマルチシグ

ちょいレベル高めですが、興味のある方はぜひ動画をご覧ください。

なお冒頭で、与沢さんの活動に関するウソをSNSなどで流すのは止めて欲しいとおっしゃってます。私もいくつか目にしましたが、率直にヒドイと感じるものもありました。

各動画の共通点として、昔から活動されていた方々の邪魔にならないようにやっていきたいという意思表示も見られますね。

活動③:BybitへのXYM上場実現

与沢さんがBybitへのXYM上場をお願いした結果の動画は下記です。ネットニュースにも出てましたし、既にご覧いただいてるかもですが。

要点は以下のとおり。

  • 上場予定は2021/11/23→すでに11/23/午後7時ごろ、実現しました
  • XYMは、Bybit社内のプロジェクト評価で最高評価(A評価)を獲得

もっとも、お願いしていきなり上場されるわけないですよね。

なので、与沢さんは2021/9から活動されていた模様。ただ、いずれにしてもスピード上場です。

上記により、XYMは世界で有数規模の取引所に、めでたく上場される運びとなりました。

Symbolプロジェクトの品質が高く評価されたことも、将来性という点で注目かもしれません。

Bybitの具体的な特徴

  • 特徴①:アプリも完全に日本語対応【簡単】
  • 特徴②:本人確認なくて始められる【簡単】
  • 特徴③:魅力的なキャンペーン多い【お得】
  • 特徴④:ステーキングの利率が高い【お得】
  • 特徴⑤:サーバーが強く遅延少ない【安心】
  • 特徴⑥:サポートが丁寧なうえ迅速【安心】

上記のとおり。XYMの購入手数料が安いですし、XYMステーキングの利率もとても高くてお得となっています。

\お得な特典&サポートが丁寧な取引所/
無料でBybitに登録する【公式】

Bybitの詳細や登録方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。必要に応じて参照ください。

参考記事

初心者にも分かりやすいBybitの口座開設手順を知りたいBybitって本人確認は必要?必要なら手順を教えて欲しいBybitってどんな[…]

【3分で登録】Bybitのメリットや口座開設方法・始め方を解説

活動④:XYMのエアドロ企画【※2021/12追記】

与沢さんの思い付き(?)で始まった、XYMを保有したことがない新規ユーザー5,000人に20XYMずつ無料プレゼントする企画。

始まりは、こちらのツイートからでした。

上記および関連ツイートの概要をまとめると以下のとおり。

  • 概要①:企画の発案と配布作業は与沢さんが行う
  • 概要②:プレゼント用のXYMは広く出資をつのる
  • 概要③:上記クエストというアプリを使って行う

さらに集まったXYMに対して、コア開発者のgimreさんがダブルになるように出資してくれています。

クエスト(Quest)とは?
ある成果目指すプロジェクトを立案した人に対して、XYMを使った投げ銭を行えるプラットフォーム。なお与沢さんのツイートにある『Dapps(ダップス)』とは、分散型アプリケーションのこと。

このプレゼントキャンペーンの詳細を知りたい場合、与沢さんの公式ブログを参照するのが確実です。

Symbol XYM Airdrop | 与沢の新ブログ
https://yozawa.blog/symbol-xym-community-led-airdrop/

このエアドロ企画は上記のとおり、与沢さんが鬼の手作業で配布され、無事に終了となりました。

企画には私もちょっとですが出資させていただきました。これを機会にSymbol・XYMに興味を持つ方が増えると嬉しいですね!

そもそも、NEM・XEMを保有されていた【シンボル誕生も祝ってる】

そもそも、NEM・XEMを保有されていた

こんな感じで、Symbol・XYMの応援を宣言し活動されている与沢さん。一見すると最近、急に関わり始めたようにも見えます。

しかし、決してそんなことはありません。なぜなら、そもそも以前から下記のような活動をされていたからです。

  • 以前の活動①:XEMに約4.5億円の一点張りを宣言
  • 以前の活動②:元旦にスナップショット投票の解説
  • 以前の活動③:Symbolローンチ時に、お祝い投稿

それぞれ、さくっと見ていきます。

以前の活動①:XEMに約4.5億円の一点張りを宣言

記事の冒頭でも書いたとおり、ざっくり言うとSymbol・XYMは、NEM・XEMのバージョンアップ版として生まれました。

で、与沢さんは、そもそもSymbol・XYMが生まれる前から、NEM・XEMに約4.5億円も一点張りしていたということ。

つまり、10億のXYM保有が話題になる、かなり前からしっかり関わられた感じです。

以前の活動②:元旦にスナップショット投票の解説

さらに2021年の元旦には、めっちゃ長文でスナップショット延期投票の解説などをされてます。

スナップショット延期投票とは?
当時、Symbolのリリース日が延期されるのに伴って、スナップショットも延期するか?を決めるために行われた投票。
なお、XYMがもらえる権利であるXEMの保有を確認することをスナップショットという。

実際のツイートは、次のとおり。

実は上記、あくまでツイートの一部です。実際には合計14ツイートの長文に及んでいます。

ツイートに出てくる『NEMプロのトレストさん』

コア開発者からの信頼も厚い、Symbol・NEMの生き神のような方。2016年からNEM関連の活動を行い日本コミュニティを牽引され続けています。

与沢さんも、以下のように発言されています。

Symbol・NEMを深く学びたい方は、トレストさんのブログやツイッターをご覧になるのが吉でしょう。

トレストさんのブログ:

https://www.cryptostream.jp/

トレストさんのツイッター:

@TrendStream

以前の活動③:Symbolローンチ時に、お祝い投稿

かくしてSymbolは、2021/3に無事ローンチされ、お祝いを述べられています。

この日は私を含め、NEM・XEMを保有していた方々が大盛り上がりとなりました。

こんな感じで、与沢さんは決してポッと出てきた人ではなく、昔からSymbol・XYMに関わられていたんですね。

【まとめ】与沢翼さんはシンボルを超本気で応援していると思う

与沢翼さんSymbol活動記事のまとめ

以上、与沢さんのSymbol・XYMに関する活動を、公開情報ベースで紹介しました。今回の内容をまとめます。

  • ご自身のXYM保有状況が分かるアドレスを公開してる
  • Bybitへの上場以外にも、色々な活動を行ってきている
  • 実は2020年の段階で活動しており、ポッと出ではない

与沢さんのツイートや動画をご覧いただくと、本気でSymbol・XYMを応援されていることが伝わるはずです。

最後に添えさせていただきます

与沢さんご本人が、本記事をご覧になる可能性はゼロだと思いますが、念のため最後にメッセージを添えさせていただきます。

もし本記事が与沢さんのご迷惑になったり不適切な場合、大変お手数ですが@shiokawa_t まで、ご一報くださいませ。
訂正・削除など、すべてのご指示に従い、速やかに対応させていただきます。

貴重なお時間をいただいて、最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が、Symbol・XYMの理解への一助となれば幸いです。
参考記事

『Symbol』『XYM』が、どんなものなのか知りたい。仮想通貨『XYM』に投資した際の将来性はどう?[…]

【仮想通貨】Symbol・XYMとは?将来性も解説【知識0でOK】
参考記事

初心者にも分かりやすいBybitの口座開設手順を知りたいBybitって本人確認は必要?必要なら手順を教えて欲しいBybitってどんな[…]

【3分で登録】Bybitのメリットや口座開設方法・始め方を解説
与沢翼さんのシンボル・ジム活動の完全まとめ【本気の応援】
最新情報をチェックしよう!