次回から『精神と金の部屋』と検索いただきますよう、お願いいたしますm(_ _)m

【仮想通貨】TerraとLUNAの特徴や将来性を解説【知識ゼロでもOK】

  • TerraLunaって、違うの?関係性は?
  • Lunaって、どういう仮想通貨なんだろう?
  • TerraやLunaの将来性って高いのかな?

実は、Terra(テラ)およびLuna(ルナ)を理解しておくことが、今後の投資の優位性を高める結果になるかもしれません。なぜなら、さまざまな良好な特徴を持つ仮想通貨だからです。

ただ、一般的に『仮想通貨メディアでTerra(LUNA)の解説を読んだけど、難しくて理解できなかった』という初心者が多いでしょう。

昔の私も理解できませんでした。プロフィールは下記のような感じです。
  • 本業は、システム会社のWebエンジニア 兼 UIデザイナー
  • 副業のブログ収入を 仮想通貨などの投資に回して研究
  • もちろん、LUNAの投資経験あり、現在も保有中
  • わりと短期間で、 年収400万→1,000万にUP!できました
  • 著者: プロフィールページはこちら連絡はこちらから

この記事では、知識ゼロでも理解できるよう『TerrraとLUNAの違いや特徴』を解説。後半では将来性買い方も紹介します。

お読みいただくと、TerrraとLUNAへの理解を深め、投資家として優位性を持つことが可能です。

専門用語には補足を付け、できるだけ分かりやすく解説してます。ぜひ最後まで目をお通しください。
(※記事で使用している『仮想通貨』とは【暗号資産】のことを指します)

Terra(テラ)とは?【プロジェクトの名前】

Terra(テラ)とは?【プロジェクトの名前】

まずは、Terraの定義から。下記のとおりです。

Terra(テラ)とは?

主にEコマースでの決済に重点を置いた分散型ステーブルトークンのプロジェクト名。または、その土台となっているブロックチェーン名。プロジェクトは2018年1月に韓国で創立、ブロックチェーンは2019年4月にリリースされた。

TerraUSD(テラユーエスディー)などのステーブルトークンと、ネイティブトークンであるLUNA(ルナ)。この2種類の仮想通貨が使われている。

専門用語が多くて『はぁ?良くわかんないんだけど・・・』って感じですよね。なので、以下のとおり補足しておきます。

ステーブルトークンとは?
別称『ステーブルコイン』。ドルなどの法定通貨と価格が連動されてて、変動幅が小さい仮想通貨のこと。
有名どころは、『USDT』『USDC』など。価格変動がほとんど無いため、投資の対象とはならない。
ネイティブトークンとは?
あるブロックチェーン独自の基軸となる仮想通貨のこと。
一般的な仮想通貨を指すと思えばOK。当然、価格変動があり投資対象となる。

要するに、『Terraプロジェクトでは、2種類の仮想通貨が使われてて、その一つがLUNA』ということ。今は、こんな感じでおさえておいてください。

なお、Terraプロジェクトの公式サイトは以下です。
https://www.terra.money/

私たちの投資対象は、仮想通貨『LUNA』

先ほどのステーブルトークンとネイティブトークンの説明をTerraに当てはめると、次のようになります。

  • TerraUSD(米ドル連動)や、TerraKRW(韓国ウォン連動)
    =ステーブルトークン=投資対象とならない
  • LUNA
    =ネイティブトークン=投資対象となる

上記は、必ずおさえておきましょう。

続いて、ステーブルトークン『TerraUSD』と、ネイティブトークン『LUNA』の関係性を、深堀りします。

TerraUSDとLUNAの関係【結論:連動する】

TerraUSDとLUNAの関係【結論:連動する】

結論、TerraUSDの価値が上がると、LUNAの価格が上がります。逆もまた、しかりです。※TerraUSDの価格は上がりません

LUNAは、TerraUSDの価格安定のために使われるからです。

ちょっと難しいかもですが、具体的なプロセスは、以下のとおり。

TerraUSDの価値が上がった場合

  • ①TerraUSDを、Eコマース決済に使う人が増えて価値が上がる
    →米ドルよりも価格が上がりそうになる
  • ②自動プログラムが、TerraUSDを追加発行し市場に売却
    →TerraUSDの数が増えて価値が元に戻り安定
  • ③上記の売却益で、自動プログラムがLUNAを市場から購入
    →LUNAの市場での数が減り、価格が上がる
  • ④市場から購入したLUNAは、焼却(バーン)される
焼却(バーン)とは?
運営側がその仮想通貨を処分すること。 処分すると総量が減るため、希少価値が高まることが多い。

TerraUSDの価値が下がった場合

  • ①TerraUSDを、Eコマース決済で使う人が減り価値が下がる
    →米ドルよりも価格が下がりそうになる
  • ②自動プログラムが、LUNAを追加発行し市場に売却
    →LUNAの市場での数が増え、価格が下がる
  • ③上記の売却益で、TerraUSDを市場から購入する
    →TerraUSDの数が減って、価値が元に戻り安定

上記のような感じ。なんとなく知っておけばOKです。

そして、繰り返しになりますが、TerraUSDの価値と、LUNAの価格が連動している点だけは、しっかり覚えておきましょう。

Terraプロジェクトの主な特徴【3つあります】

Terraプロジェクトの主な特徴

主な特徴は、次の3つです。

  • ①TerraUSD等とLUNAのデュアルトークンモデル
  • ②大手取引所や著名なファンドが多数投資してる
  • ③Eコマース決済という実需で収益を上げている

それぞれ、解説します。

①TerraUSD等とLUNAのデュアルトークンモデル

まず、デュアルトークンモデルの意味から。下記のとおり。

デュアルトークンモデルとは?

2つの異なる目的のために、2つの仮想通貨を効率的に使用する構造。一般的には『安定通貨+コミュニティ通貨』の構造が多い。

デュアルトークンモデルの利用プロジェクトの例は、Terra(テラ)、MakerDAO(メイカーダオ)、Synthetix(シンセティクス)など。

要するに、先に解説した『TerraUSDの価値が上がると、LUNAの価格が上がる』関係のことですね。

このモデルを採用していることが、Terraの大きな特徴の一つです。

②大手取引所や著名なファンドが多数投資してる

例えば、次のような機関が、Terraプロジェクトに投資しています。

  • Binance Lab(バイナンスラボ)
  • Huobi Capital(フォビキャピタル)
  • Struck Capital(ストックキャピタル)
  • Polychain Capital(ポリチェーンキャピタル)
  • Kakao Ventures(カカオベンチャーズ)
  • Monex Group(マネックスグループ)

大手からの投資は、プロジェクトや創業者の信頼度の目安になります。

また、ぶっちゃけ調達資金は多いに越したことがありません。

ゆえに、上記からの投資は、Terraにとって良好な特徴であると言えます。

③Eコマース決済という実需で収益を上げている

実は、リアルなビジネスで既に収益を上げていることが、Terraの最も優位な特徴です。なぜなら、仮想通貨のプロジェクトは、投機でのみ稼いでいて、実需では稼げていないものが多いから。

例えば、韓国の大手Eコマース『TMON(ティーモン)』。モバイル決済アプリの『CHAI(チャイ)』。これらでのTerraステーブルコイン利用を皮切りに、アジア地域の数多くの決済プラットフォームとパートナーシップを提携してます。

EコマースでTerraステーブルコインが利用される度に、手数料が入ってきます。これが、Terraプロジェクトの実需からの収益です。

なお、上記はTerraプロジェクトの共同創業者であるDaniel Shin(ダニエル シン)氏の力によるところが大きい。

いずれにしても、実需で稼げていることは、Terraの最も良好な特徴になります。

仮想通貨LUNAの将来性【Terraが良好→良い】

仮想通貨LUNAの将来性

結論、『Terraプロジェクトが良好なので、仮想通貨LUNAの将来性も良好』と言えるでしょう。

Terraが良好な理由は、特徴の説明との繰り返しになりますが、以下のとおり。

  • 大手取引所や著名なファンドが多数投資してる
  • Eコマース決済という実需で収益を上げている

今後、TerraUSDなどのTerraステーブルコインを利用するEコマースがさらに増えていくか?が、仮想通貨LUNAの将来性にとって重要です。

LUNAのチャートや時価総額の順位を紹介します

下記のような感じとなっています。

LUNA/USDのチャート

時価総額と順位

「B」はビリオンの略になります。×10億していただければと。

また、上記にチャートや時価総額が表示されない場合、以下のサイトにてご確認いただけます。
Terra(LUNA)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

LUNAの買い方【取引所:バイナンスで購入】

バイナンス

LUNAは、日本国内の取引所では購入不可です。残念ながら、取り扱いが無いためです。※2021年11月現在

ですので、世界最大級の仮想通貨取引所バンナンスで購入するのが吉でしょう。

\当ブログ特典!ずっと手数料10%オフ/
無料でバイナンスに登録

まだバイナンスのアカウントをお持ちでない方は、こちらの記事を参考に登録を済ませておきましょう。5分で完了します。

LUNA購入の流れは、次のとおり。

  1. 国内取引所コインチェックなどでBTCを購入
  2. BTCをコインチェックからバイナンスに送金する
  3. バイナンスでBTCを使ってLUNAを購入する

バイナンスでBTCを使ってLUNAを購入する手順

次の手順で操作を行うと、LUNAの取引画面が表示されます。

  • ①バイナンス画面上部の『マーケット』をクリック
  • ②メニュー『スポット市場』『BTC市場』をクリック
  • ③検索窓に『LUNA』と入力して検索をかける
  • ④ペア『LUNA/BTC』の『トレード開始』をクリック

実際の各画面の画像は、下記となります。

①バイナンス画面上部の『マーケット』をクリック

バイナンス画面上部の『マーケット』をクリック

②メニュー『現物市場』『BTC市場』をクリック

『現物市場』『BTC市場』をクリック

③検索窓に『LUNA』と入力して検索をかける

検索窓に『LUNA』と入力して検索をかける

④ペア『LUNA/BTC』の『トレード開始』をクリック

ペア『LUNA/BTC』の『トレード開始』をクリック

実際のLUNA取引画面は、以下のとおり。

バイナンスのLUNA取引画面

なお、繰り返しになりますが、バイナンスの特徴や口座開設方法は、こちらの記事で詳しく解説しました。5分で登録できますので、ぜひご参考ください。

参考記事

バイナンスに口座開設したいので、手順解説を見たいバイナンスってどんな特徴があるの?ユーザーの感想は?日本人でも登録できるの?登録して[…]

【5分で登録】バイナンスの口座開設方法を解説【日本人もOKです】

【まとめ】Terra・LUNAの今後をチェック!

今回は、Terra・LUNAの特徴や将来性を解説しました。
最後に、内容をまとめておきます。

  • Terra=ステーブルトークンのプロジェクト・ブロックチェーン名
  • LUNA=Terraのネイティブトークンであり私たちの投資対象となる
  • 多くのEコマースでTerraUSDなどが使われるとLUNAの価格が上がる

将来、有望とも言える仮想通貨です。ぜひ、今後の動きをチェックしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が、TerraやLUNAの理解のきっかけとなれますと幸いです。
【仮想通貨】TerraとLUNAの特徴や将来性を解説【知識ゼロでもOK】
最新情報をチェックしよう!